おんがくとかえいがとか
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< SPARTA LOCALS-SUN SUN SUN- | main | ねこになりたい >>
ギルバート・グレイプ
高校の頃かな?
(ビデオで見たので結構前な気がする…)
一時、なぜかディカプリオブームで、
この映画を見てすごく心に残ったのを覚えてる。
で、この映画で、ジョニー・デップ知ったんだよなあ。

ギルバートがベッキーに会いに行くために、
アニーをお風呂に放置したまま出かけて、
帰ってきたら出られずまま凍えてるシーンが、一番強烈だった気がする。
ギルバートが悪いわけじゃない、
もちろんアニーが悪いわけじゃない。
なんともいえない閉塞感…。

家に「くっついている」母親のために、一度も家を出たことがない。
でも全部母親のせいってわけでもない。

善とか、
悪とか、
そゆんじゃない。

もう5年ほど前に見た映画をもう一度見て、
少し見方が変わっている自分におどろいたあー。

わたしも、
もう15年ほどこの町から出てない。
閉塞感がたっぷりの、綺麗なようでなにもない町。
昔から大嫌いで、でも大嫌いのくせにまだ「くっついてる」。

わー

ってなった。
なんか。
どうしようかな。

出たところでなにか変るのかな?
それとも、
「出た」ときこそ、変わるのかな?

わからんねー。





JUGEMテーマ:洋画
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://tarirantarira.jugem.jp/trackback/43
TRACKBACK